SF雑誌の歴史
黄金期そして革命
販売価格

3,000円(内税)

購入数

SF雑誌の歴史〈黄金期そして革命〉

マイク・アシュリー(著)牧眞司(訳)

1950年代前半、バブル雑誌の絶滅とともに現われた新雑誌がSFに変化を促し、スタージョン、アシモフ、
ディック、ミラー、シェクリーが活躍し、シルヴァーバーグ、ハーバート、ゼラズニイ、ル・グィンら有望
な才能が続々登場する黄金期をもたらした。そして60年代、バラード、ムアコックらが主導するニュー・
ウェイヴが文学界に大きな衝撃を与える。激動の時代を余すところなく描き出す画期的研究所!

第一部 星の銀河
第二部 飽和と窒息
第三部 イギリスの傑作?
第四部 創造的混沌
第五部 急展開
第六部 改革のとき
第七部 新しい波(ザ・ニュー・ウエイヴ)
第八部 ファンタジイ対現実
第九部 結語

東京創元社/2015(H27)年1月9日・初版/210mmX149mm/532P
帯付き。状態良好。
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける