春陽文庫 黄昏の悪魔
販売価格

3,200円(内税)

購入数

春陽文庫 黄昏の悪魔
角田喜久雄(著)小澤重行(装画)

ヤマトホテル9号室で西太平洋新聞社からの採用通知を待っていた可憐な女性江原ユリの陰には、
ぶきみな黒オーバーの男の非常な手がつきまとっていた!
黒オーバーの男吉谷脩によって新聞社の採用通知は不採用の手紙と取り替えられた。
すべてに希望を失ったユリが自殺せんとしたところを救って、ふたたびユリをヤマトホテルにつれもどした
吉谷は、何者かによって背に匕首を突き刺されて殺害されてしましった。・・・・

春陽堂/昭和51年12月10日・初版/151mmX107mm/256P
経年のヤケ・シミ・ヨゴレ
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける