十二支絵本〈刊本No.1〉
SOLD OUT ありがとうございました
販売価格

0円(内税)

在庫数 売り切れ

武井武雄 刊本No.1 十二支絵本 別途革貼箱付
武井武雄・著 発行 西川藤太郎・印刷者
自費出版(非売品)/昭和10年5月5日発行/1色凸版/200部限定/141mm×121mm/26P・図版12葉・和綴 内箱・外箱付(もともと十二支絵本には箱が有りませんので、別途制作したものです。内箱と外箱があり内箱は紙貼(黒のレザック紙)外箱は黒革貼で作られています。上の写真の黒い箱です。)
九州の郷土玩具研究者、小野正男氏と思われる署名・印有り(最後の写真参照)
経年のヤケなどありますが、おおむね良好。
内容を確認されたい方はこちら

【武井武雄 刊本について】昭和10年(1935年)「書物の芸術」ともいえる本が登場しました。
まず素材の吟味からはじまり、絵、話、印刷方法、装幀、函のすべてにおいてこだわりを持って作られた
幻の美書で「第1番・十二支絵本(昭和10年)」から「第139番・天竺の鳥(昭和58年)」まで49年の
長きにわたり製作された本の宝石と呼ばれる139冊の作品群です。
※「第138番・鳥遣いの乙女」は永眠された翌年に開頒されました。

この刊本No.1十二支絵本は、当時「新宿三越」で開催された武井武雄氏主催のテーマ別年次展覧会(動物の展覧会)の賛助出品として領布されたもので発行部数も少なく、今では非常に希少で貴重な作品です。

刊本の1番・十二支絵本が一冊で販売される事はあまりありません、この機会にいかがですか。
下の写真は左から、子(鼠】のページ、丑(牛)のページ、扉の小野正男氏署名ページです。
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける