透明少年〈ソノラマ文庫9〉
販売価格

1,260円(内税)

購入数

透明少年〈ソノラマ文庫9〉
加納一朗(著)裕天寺三郎(絵)

修平君は、ある日、留守番の最中に、台所の調味料をいたずらしているうちに、透明になる薬をつくりあげてしまった。しかし、それからが大変だった。空や海に、ハラハラドキドキわくわくびくびくの大冒険、大珍事が始まったのだ。(カバー袖の「透明少年」より)

朝日ソノラマ/昭和51年7月30日・5版/148mmX106mm/222P
経年のヤケ強・シミ・ヨゴレ
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける