SOLD OUT ありがとうございました
あらしの白ばと〈少女名作シリーズ32〉
販売価格

0円(内税)

在庫数 売り切れ

あらしの白ばと〈少女名作シリーズ32〉

プラスコビアは、やさしく、つよく、清らかな、野菊のような少女です。ある日、ふとしたことで
プラスコビアは父のひみつをしりました。父は無実の罪でシベリアのはての、イシムという村にな
がされているのでした。かわいそうな父と、母のなげきをみかねたプラスコビアは、ついに都のペ
ルテブルグへいく決心をしました。(読者のみなさんへ)より

原 作 グザビエ・ド・メストル(フランス人)
編 著 野田開作
画 者 武部本一郎(表紙絵・口絵・挿絵)

発行所 偕成社
発行年 1978年(S53)重版
寸 法 約215mmX約155mm
ページ 200P
状 態 カバー欠。見返しにうすく書き込み。経年のヤケ・シミ・ヨゴレ
その他 文鎮は商品ではありません。
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける