◎ 童話の研究 1 ◎
______________________________________________

 ★ 模範家庭文庫(全24冊) 発行所/冨山房

 児童文学の叢書で、大正4年(1915)に創刊され、昭和7年(1932)に終巻になりました。
 箱入りの豪華な本で、第一集・12冊、第二集・12冊の計24冊が冨山房より出版されました。
 当初は装幀・挿絵に岡本帰一が起用され、19世紀イギリスの挿絵画家の模倣が目立った画でしたが
 巻を重ねる度に多くの画家が採用され、多様な挿絵で彩どられるようになりました。
 挿絵は以下の様な画家が参加しています。
 小杉未醒・橋口五葉・名取春仙・岡本帰一・水島爾保・早川桂太郎・武井武雄・初山滋
 木村荘八・川上四郎・飯塚玲児など。
______________________________________________

 第一集〈第一巻〜第十二巻〉


 第一集 第一巻 〈アラビアンナイト 上〉 杉谷代水・訳/岡本帰一・装幀/大正4年(1915)
 第一集 第二巻 〈アラビアンナイト 下〉 杉谷代水・訳/岡本帰一・装幀/大正4年(1915)
 第一集 第三巻 〈グリム御伽噺〉 中島孤島・訳/岡本帰一・装幀/大正5年(1916)
 第一集 第四巻 〈イソップ物語〉 楠山正雄・訳/岡本帰一・装幀/大正5年(1916)
 第一集 第五巻 〈アンデルセン御伽噺〉 長田幹彦・訳/岡本帰一・装幀/大正6年(1917)
 第一集 第六巻 〈ロビンソン漂流記〉 平田禿木・訳/岡本帰一・装幀/大正6年(1917)
 第一集 第七巻 〈世界童話寳玉集〉 楠山正雄・編/岡本帰一・装幀/大正8年(1919)
 第一集 第八巻 〈西遊記〉 中島孤島・訳/岡本帰一・装幀/大正9年(1920)
 第一集 第九巻 〈ガリバア旅行記〉 平田禿木・訳/岡本帰一・装幀/大正10年(1921)
 第一集 第十巻 〈日本童話寳玉集 上巻〉 楠山正雄・編/岡本帰一・装幀/大正10年(1921)
 第一集 第十一巻 〈日本童話寳玉集 下巻 楠山正雄・編/岡本帰一・装幀/大正11年(1922)
 第一集 第十二巻 〈世界童謡集〉 西條八十 水谷まさる・編/岡本帰一・装幀/大正13年(1924)
______________________________________________

 第二集〈第一巻〜第十二巻〉

 第二集 第一巻 〈続・グリムお伽噺〉 中島孤島・訳/岡本帰一・装幀/大正13年(1924)
 第二集 第二巻 〈印度童話集〉 岩井信寳・訳/初山滋・装幀/大正14年(1925)
 第二集 第三巻 〈支那童話集〉 池田大伍・編/小村雪岱・装幀/大正13年(1924)
 第二集 第四巻 〈弓張月物語〉 中島孤島・編/小村雪岱・装幀/大正14年(1925)
 第二集 第五巻 〈朝鮮童話集〉 中村亮平・編/木村荘八・装幀/昭和元年(1926)
 第二集 第六巻 〈トルストイ童話集〉 水谷まさる・訳/川上四郎・装幀/昭和2年(1927)
 第二集 第七巻 〈科学物語〉 前田晁・文/飯塚玲児・装幀/昭和2年(1927)
 第二集 第八巻 〈少年ルミと母親〉 楠山正雄・訳/二瓶等・装幀/昭和6年(1931)
 第二集 第九巻 〈家庭と学校の児童劇〉 伊達豊・編/宍戸左行・装幀/昭和7年(1932)
 第二集 第十巻 〈こども聖書舊約物語〉 中村星湖・編/初山滋・装幀/昭和7年(1932)
 第二集 第十一巻 〈キリスト物語〉 浜田広介・文/初山滋・装幀/昭和5年(1930)
 第二集 第十二巻 〈家庭日本芝居物語〉 岡本綺堂 額田六福・編/初山滋・装幀/昭和5年(1930)
______________________________________________

                            お問い合わせ  ホーム  商品カテゴリー