独楽がきた〈刊本No.50〉
SOLD OUT ありがとうございました
販売価格

0円(内税)

在庫数 売り切れ

武井武雄 刊本No.50 独楽がきた(別途革貼箱付)
武井武雄 作刊 丹羽兼弘 彫板 小林宗吉 摺刷 山本卉 製本 
家蔵本/1962年(S37)6月25日刊出/日本伝承木版/帙/本体177mm×132mm/24P・限定430部中2番
帙とは別に箱(黒の皮貼り)が付いています(下の3枚目の写真参照)
武井武雄サイン入 限定430部中2番と非常に番号が若く、状態も良好

【武井武雄 刊本について】昭和10年(1935年)「書物の芸術」ともいえる本が登場しました。
まず素材の吟味からはじまり、絵、話、印刷方法、装幀、函のすべてにおいてこだわりを持って作られた
幻の美書で「第1番・十二支絵本(昭和10年)」から「第139番・天竺の鳥(昭和58年)」まで49年の
長きにわたり製作された本の宝石と呼ばれる139冊の作品群です。
※「第138番・鳥遣いの乙女」は永眠された翌年に開頒されました。

下の写真は左から本文、本文、装幀・帙・別途箱です。
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける